鹿島市民図書館

文字サイズ

背景色

標準

こどもページ

図書館だより

調べものに役立つデジタル化資料

1.国立国会図書館による「デジタル化資料送信サービス」

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版や市場での入手が難しい蔵書約131万点の電子データを鹿島市民図書館で閲覧することができます。
【閲覧できる資料】
・図書・・・明治期から昭和43年まで
・古典籍・・・貴重書、江戸期・清代以前の和漢書など
・雑誌・・・明治期から平成12年まで(商業出版されていないもの)
・博士論文・・・平成3年から12年度まで 【利用方法】
・図書館の利用者カードが必要です。
・レファレンスカウンターでお申込みください。
【利用時間】 1日 1人1時間まで
【複写】 著作権の範囲内での複写は可能です。
・白黒印刷 1枚10円
・カラー印刷 1枚80円

2.国立国会図書館による「歴史的音源サービス」

鹿島市民図書館では、国立国会図書館の「公立図書館への歴史的音源の配信提供」により、「歴史的音源」の配信サービスを行っています。
「歴史的音源」とは、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP盤及び金属原版等に収録された音楽・演説等の音源です。落語、長唄、歌劇、浄瑠璃、歌謡曲や講演など、いろんなジャンルの音源があります。例えば佐賀の偉人・大隈重信の演説も簡単に聴くことができます。とても興味深いです。 利用はカウンターで申込みの申請をしていただくだけです。(1人1時間)
ぜひ調べものに、あるいは昔を懐かしみに、ご利用ください。
地域コーナーの利用端末機でご試聴いただけます。

▲ページの先頭に戻る